生きる意味や価値の見つけ方

 

何のために生まれたんだろう?

何をするために生きているんだろう?

 

あなたは、この問いに答えを出すことはできますか?

 

今日は、この問いに対して、整理してみたいと思います。

 

生きる意味とは何か?

視点を少し引いて考えてみます。

あなたが生まれる前から、この世界、歴史は流れています。

 

過去生きてきた人達の行動の積み重ねが今の時代だし、

私たちが生きた行動の積み重ねが、

大なり小なり未来を生きる人たちに受け継がれていきます

 

私たちの体は、いずれ死んでなくなるけれど

私たちが積み重ねた行動は、未来にバトンリレーのように受け継がれていく。

 

そう考えたとき、

未来に良い影響を与えることができるような出来事、

すなわち事件を起こしていくことが、

人間が生きる意味なのではないでしょうか。

 

どうすれば、事件を起こすことができるのか?

 

一人では、事件を起こすことができません。

事件を起こすためにはまず、人の協力が必要です。

人を集めて、協力を得られるためには、共通の土台を作ることが必要です。

 

例えば、コミュニケーションでいうと

お互いの共通の認識(土台)が多ければ多いほど、円滑にコミュニケーションが進むし

その中で、ルールや方向性が共通になればなるほど、人は団結できます。

 

共通の土台、そのうえでのルールや方向性を作ることができれば、

事件を起こすことができるのです。

 

だけど、それができないから生きる意味価値を感じれない

仲間と共通の土台を共有し、ルールや方向性をも共通にする。

言葉でいうことは簡単だけど、実際に作ろうとすると簡単にできることではありません。

 

多くの人たちが生きる意味価値を感じれない理由は、

その作り方がわからない、また無意識でそこにあきらめがある。

そんな理由からではないでしょうか。

 

まず、一番先に気づくべきことは、

人間みんなそれぞれが、自分オリジナルの観点の中にいて、

そこから一歩も出たことがない

ということです。

 

仲間と同じ世界に生きているように見えて、

実は全く別の世界に生きている、ということに気づくことです。

 

自分の観点の中にいることに気づき、そこから出る技術を習得すること。

 

そうすることができれば、事件を起こすことができ

生きる意味価値を感じることができるようになるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です