個性・多様性を発揮しあえる働き方とは?

 

私には3歳離れた弟がいます。

今でこそ、姉よりしっかりしていて、しっかり働き、優しく親孝行な弟ですが

小学校、中学校、高校と不登校でずっと家に引きこもっていました。

 

不登校だった理由は、今でも私にはわかりません。

 

だけど当時から感じることは、

 

家では彼の良さをのびのびと発揮して彼らしくいれるのに

学校にいくと、学校のなかの当たり前という枠にはめられ

その枠からはみ出た部分は、“✕”だと評価される。

 

その仕組みに苦しんでいたのではないかということです。

 

そんな出来事もあり、私は幼いころからずっと

「自分らしく生きる事と、社会や組織の中で生きる事の矛盾」

をずっと感じていました。

 

自分らしく生きると、周りの人と共生ができないし、

周りの人とうまくやる事を考えると、自分らしく生きる事ができない。

 

多様性を認めよう、個性を認めようと社会は言うけれど

本当の意味で全員が多様性・個性を発揮する生き方は

実際には無理なのではないか?

そう思っていました。

 

 

だけど今は、本気で

多様性・個性を発揮しながらチームプレイができる社会が実現できると思っています。

 

なぜならば、

人間が個性・多様性を発揮しあえないようにさせていた人間の機能的限界

それを解決する教育、そしてチームプレイを可能にする共通土台と出会ったからです。

 

ダイバーシティという言葉にもあるように

本当の意味で多様性を発揮しあい、認め合い、チームプレイをしていく関係性・働き方

 

そんな関係性を構築しながら

お互いが、社会がもっとよりよく生きれるよう考え、それを仕事としていく。

 

理想や夢に近いような生き方・働き方が可能になる世界にむけて、

あと一歩のところまで来ています。

 

もし、その理想をともに実現していきたいと願う仲間がどこかにいるのであれば

ぜひそんな仲間と出会いたい!!

そんな思いもあり、1月2月はCafe会を福岡で開催します!

 

個性、多様性を発揮し認め合いながらチームプレイをする。

そんなところにピンとくる方はぜひ遊びに来てください!

 

詳細のご案内はこちらのHPをご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です